無理をしない肌断食

肌断食を無理なく成功させる

エコ肌りーたん

肌断食どっとこむは、肌断食を無理のないペースで、少しでも快適に行うためのサイトです。

特に以下の様な方におすすめの内容となっております。

1.肌断食によって肌荒れを改善したい人
2.肌断食を少しでも快適に行いたい人
3.日頃のスキンケアの手間を省きたい人
4.化粧品代を節約したい人
5.ズボラなので最低限の項目にしてほしい
6.肌断食を実践したことがあるけど、挫折してしまった
7.メイクがめんどくさい人

主に肌荒れ改善の体験談ですが、たるみやアンチエイジングの対策も、週に2~3回の運動とビタミンCでOKなので、肌をいためることなくアンチエイジングが可能です。
極力項目を削った、きわめてシンプルな美容法なので、ズボラな人ほどきれいになれる美容法

逆にスキンケアやバッチリメイクがお好きな人は物足りない美容法となります。
(ただし、薄化粧のメイクをされる方には、実践しやすいような内容にしております。)

肌断食初心者にも分かりやすく、そして取り組みやすいよう、お力になれれば幸いです。


肌断食とは?肌断食が失敗しやすい理由

疑問

肌断食とは、一般的に、基礎化粧品、石けん、洗顔料を使わない美容法。
赤みや湿疹、ニキビ等の改善に適していますが、失敗する人も多い。

というのも、イキナリ肌断食に入るから。

イキナリ肌断食に入っても、悪化した後、改善する例が多い。
しかしその悪化の期間、精神的に辛いのも事実。

水洗顔を無理して続けて、角栓(ザラザラ)、テカリ、カサつき、ブツブツ…
人により症状は様々。
こんなことでは水洗顔など続けられません。
シンプルスキンケア
から徐々に慣らしていきましょう。

このサイトは、肌断食をイキナリするとか、肌断食が絶対だ!と言うのではなく、ゆっくりとそれぞれのペースで使う化粧品を減らし、肌への負担を軽減していく主旨のサイトです。

化粧品を否定するサイトではありません。


肌断食するなら頭皮から

上から下へ

当サイトは顔の肌を改善するなら頭皮から改善していくという考え方です。

というのも、いくら顔を念入りにケアしても、自分の肌・頭皮の強さに合っていない洗浄力の強いシャンプーでモクモクと泡を立てて洗髪してすすげば、顔にそのすすぎ湯が落ちてきます。
おまけにシャンプーの残った髪が顔に触れます。

よっていくら肌断食を頑張っても、成果が現れないという現象が起こりがち。

それだけではなく、頭皮にダメージが及び続けると、たるみ、ほうれい線が出やすくなります。

と言うわけで、当サイトでは肌断食を始めるに辺り、湯だけの洗髪、湯シャンを推奨しております。

湯だけの洗髪と聞いて驚かれたと思いますが、何も初めからイキナリ!というのではありません。
初めからいきなり湯シャンなんてとても危険です。

なので、少しずつシャンプーを減らしていく、髪や頭皮へのダメージの少ないシャンプーの代替品から入るというステップを踏みながら湯シャンに入っていきます。



筆者も肌断食をしているの?

変化が楽しい

はい。肌断食しております。湯シャンもしております。
基本的にノースキンケア・ノーメイクです。

しかし最初4ヶ月は、湯シャンで頭皮のにおいやベタつきに悩まされました。
一気に入るより、1日おき、2日おきと徐々に入っていく方がよいでしょう。

水洗顔と肌断食は、比較的簡単には入れましたが、しばらくは角栓がありました。
しかし肌の改善と共に少なくなっていきましたので、振り返ってみるとそう苦戦というほどではありませんでした。
中には角質培養だと言って、角栓ができてもこすらず頑張って水洗顔を続ける方もいらっしゃるようです。(筆者はそこまで無理する必要はないという考え方です)

現在は完全肌断食、完全湯シャンです。おまけにすっぴん。化粧品代はゼロです。
筆者はこのライフスタイルが気に入っておりますが、好みや肌質は人それぞれ。
それぞれが削りたい部分は削る、残しておきたい部分は残しておくというような感じでもよいでしょう。

いずれにしても、肌のことで悩んでいる方が、極力肌への負担を減らし、ムダな労力やムダな費用を費やすことなく理想の肌に近づいていけることを願うばかりです。


新着情報 NEW!

・エコ肌生活記と統合しました。
新しい肌断食どっとこむもよろしくお願いいたします。

肌断食や湯シャンのヒント、美容に関するヒントをTwitterに小出しにしております。

もち肌のブログには気づいたことや筆者の肌の様子を随時載せております。

※皮膚や化粧品は日進月歩のため、今後修正や加筆の可能性があります。
ご了承くださいませ。

いつもご訪問ありがとうございます。
皆さまが快適な素肌で過ごされますように。

↑ PAGE TOP